読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きパパと家族とドラクエ10

一児の娘をもつ猫好きパパの家族とドラクエ10の記録

【DQ10】パラディン講座その9-L字抜けについて-

【DQ10】パラディン講座

L字抜けは↓のようにボスがパラディンを迂回して抜けていくことです。

L字抜けの紹介

今回はこのL字抜けについて考えます。たたみます。


↓のバナーから各ランキングサイトへ

ドラゴンクエストX ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ


先ほどの図に発生原因を書き込んでみました。

L字抜け発生原因

発生するときはだいたい書き込んだ3つのことが同時に発生しています。後衛側にも原因はあります。また「バ覚醒!」と怒る前に、当講座はズーボーのような博愛精神をもつパラディンの育成を目指しており、いかにパラディン単独でこの危機を乗り越えるかを考えます。ズーボーは心のイケメン!ヒューザのバカヤロウ!

おっと・・・失礼、これを防ぐためにできることをまとめます。

  1. ターンエンド攻撃後や自分(パラディン)がタゲのときにボスの真正面に移動する(軸の修正)。
  2. 相撲、キャンセル、回避行動に専念し、他の行動はしない。
  3. できるだけボスに密着し、いつでも相撲態勢に入れるようにしておく。
  4. ボスの様子をよく観察し、ボスが向きを変えたなら、その方向に合わせて押す。
  5. わざと押されて距離を一定に保つ(押し勝ちのとき)
  6. 壁まで押しこむ。壁と自分とでボスをはさむと発生しににくくなります。

これを全部([5,6]はどっちか片方)やるとまず発生はしません。ただ、パラディンのやることがなくなります

ですので、私は[1]だけはきっちりやって、ある程度行動していくことをオススメします。[1]の効果は大きいです。[5, 6]も効果があります。マヒャデドスは射程が短めなので、超暴走魔法陣+暴走魔法陣マヒャデドスの威力を存分に発揮するためにも[5]は意識してみましょう。[6]はボスが横にズレにくくなるので、相撲が楽になります。[5]と真逆の行動といってもいいので、パーティメンバーと相談しましょう。

第9回目までおわり、相撲についてだいぶ深いところまできました。次回はコントローラーの握り方を紹介します。オートランをせず、相撲をしながらコマンドを選ぶために必要です。


↓のバナーから各ランキングサイトへ

ドラゴンクエストX ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

TOPへ