読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きパパと家族とドラクエ10

一児の娘をもつ猫好きパパの家族とドラクエ10の記録

【DQ10コロシアム考察】盗賊で勝つための心得

【DQ10】コロシアム考察

コロシアムにおける盗賊といえば最大の特徴はやはり爆弾でしょう。ボンバーマンイベント開催の案内を目にしたことがある方もいるはず。はじめて爆弾を設置したときはとてもワクワクしました。

私は当初、爆弾を当てることに必死になって、爆弾設置ばかりしていました。・・・全然勝てません組んだ方々申し訳ありませんでした。

主な敗因は2つあります。

  • 爆弾の特性を知っている人にはなかなか当たらないこと

  • 爆弾の設置は意外に時間がかかる上に、爆弾が当たらなかった場合その時間が無駄になるため、パーティの火力が低くなりがちなこと

つまり爆弾に頼ってはいけないということです。『盗賊の最大の武器はなんなのか?』まずはそこを模索しながら、野良で戦い続けました。勝率を著しく落としながらも、次第に勝てるようになってきました。

立ち回りをまとめていきます。ながーくなるので、分けて記事にします。たたみます。


↓のバナーから各ランキングサイトへ

ドラゴンクエストX ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ


これまでの考察でもそうでしたが、コロシアムは『火力で圧倒することが重要』『攻撃は最大の防御!』であり、勝つための基本であると思っています。盗賊にとっては爆弾が最も威力が高い技であるので、最初は爆弾をおいてまわっていたわけです。

しかし、当たらない攻撃は何の役にも立たない。味方の足を引っ張っていることに気づきました。

かといって戦士やバトマスと1対1で戦う力はなく、私のようなライト装備の場合は盾がなければ魔法使いの懐まで辿り着くことが難しいときた。悩ましい。どうする?

考え方を変えました。盗賊の装備武器や専用スキルは相手の連携や行動を妨害する能力に長けています。そこで、相手の攻撃や回復を妨害し、結果として味方を有利にすることを心掛けてみると勝率が上がってきました。

しかしながら、「味方を有利にする」なんて曖昧な言葉は考察にふさわしくありません。がんばって書きますよ−。具体的な戦術ではなく、タイトルのとおりにまずは心得・意識配分を記してみます。

盗賊は守勢でこそ本領を発揮する

野良ではあまり機会がありませんが、盗賊はいわゆる籠もり戦法に適した技をもっています(例・爆弾、クモノ)。味方がポイントリードして籠もると相手は罠があるとわかっていても突撃せざるを得ません。いやらしく罠を設置しましょう

罠を突破され、ポイントを奪われたとしても相手はかなりのダメージを負っているはずです。そこをハイエナしてポイントを守りましょう。

相手の戦略の中心を見極め、たたく

これは攻勢にでるときの意識の話です。ポイントリードされていたり、野良でよくある乱戦のときに意識しています。ポイントリードされている理由、乱戦でポイント負けしている理由を戦いながら考えましょう。

僧侶がうまい、戦士が堅い、魔法がいるのにマホカンタがないなどの理由が考えられます。そこを妨害しましょう。盗賊はその手段を豊富に持っています。各スキルラインごとにまとめてみます。

ツメスキル:サイクロンアッパーとゴールドフィンガー(GF)

爆弾とどっちが重要スキルか悩む・・・それほどに重要であり、必須スキルだと考えます。

コロシアムで猛威をふるう技はいろいろありますが、僧侶の祈り(と聖女も?)、戦士・パラにかかったスカラほど厄介なものはありません。サイクロンアッパー、GFはそれらを貫通もしくはなかったことにできる数少ない手段です。魔法、賢者の無力化もできますし、爆弾と合わせてうまく使うことで、さらに威力を発揮できます(GFのモーションが長いためにSHTバトマス、武道家を止めるのは難しい)。

まずは爆弾を置く数を減らして、この2つの技をもっと使いましょう。ウイングブロウ、必中拳、タイガークローも忘れずに。

短剣・盾スキル:カオスエッジ、ビッグシールド、ファランクス

必殺のコンボ『カオスエッジ→ギガボンバー』と盾そのものが強力です。私はツメと短剣・盾の持ち替えで戦うことが多くなりました。

必殺コンボは耐性がある相手には効きませんが、決まれば相手をほぼ確実に落とすことができます。相手の中心を落とすことができれば、戦況は格段に良くなります。狙う価値があります。

スリープダガーは耐性持ちが多いため基本的には使わないようにしましょう。ただ、スリダガ連打してバカのふりすると相手が油断します・・・そこを・・・グヘヘ

ヴァイパーファング→タナトスハントも狙い所はあるのですが、細かい話になるので割愛します。

盾は言わずもがな、あるとなしでは守備力に雲泥の差がでます。

総評すると、一撃必殺と守備力が魅力です。

ムチスキル:らせんうち、しばりうち、スパークショット、双竜打ち

運用が難しいスキルラインです。

らせんうちは成功率が高めですが、効果時間が短いです。しばりうちは『しばりうち→ギガボンバー』が可能ですが、成功率が低いです。

スパークショットは成功率が高く、一見便利そうです。しかし、あくまでも敵の戦力を一時的に削ぐだけであり、その間に敵からポイントを奪う攻撃力が必要となります。

その攻撃のメインとなる双龍打ちはバイシ・バイキがないと防御力が高めの前衛にはダメージが通りにくいため、職構成次第では役に立ちません。

また、状態異常は異常攻撃を仕掛けたキャラが倒れると解けてしまいます。ムチは防御力が低いため、異常攻撃をしかけた後にすぐ倒されてしまうことも多く、このことがさらに立ち回りを難しくします。

ムチ盗賊は野良で安定した活躍は見込めないと思います。

おたからスキル:すばやさパッシブ、メガボンバー、ギガボンバー

盗賊はすばやさが高いです。コロシアムではさらに顕著に表れます。他の職業よりも行動間隔が短いのは大きな利点です。手数で勝負することを意識してみましょう。

ガボンバー、ギガボンバーは盗賊の最大の特徴であり、この使い方がうまい盗賊=高ランクの盗賊です。私もまだまだ試行錯誤しています。

とりあえず・・・

  • 当てる爆弾(攻めに使う爆弾)
  • 見せる爆弾(主に守り、籠もりを崩すのにも使える)

これを意識してみるといいのではないかと思います。爆弾はまた後日にまとめます。

バナナトラップはよほど暇な時を除いて使う必要はありません。ほとんどの相手は転びガード足を装備しています。パラ、戦士は転びガードをつけていない確率が他の職よりも高いです(←私がそうw)。

呪文:クモノ

クモノクモノ!!クモノ!!!ピオリムは飾りです。

相手をしばる魔法陣です。コロシアムではしばりガードの優先度がどうしても低くなるため、高頻度で相手は引っかかります。とても有用な呪文です。ただし、乱発してはいけません。

魔法陣が描かれてから5秒後に発動し、20秒後に魔法陣が消えます。実質15秒間有効です。新しく魔法陣をひくと古い魔法陣は消えます。ここぞというときに使いましょう。

どちらかというと守りに使える技です。相手の陣地近くにひくと、無敵状態の相手が踏んで魔法陣が消されてしまうことがあります。クモノに使ったターンと時間が無駄になってしまいます。基本的には相手陣地に近い場所にはひかない方がいいでしょう。

マホカンタ合戦のときに魔法使いにピオラをかけるのは喜ばれます。それほど有効ではないと思いますが、やさしさですね。

ジバリカは与ダメージが低すぎて使えません。メダパニは賛否両論でしょう。私個人としては不要です。カオスエッジほど信頼できません。メダパニをするくらいなら爆弾をおきます。

おわりに

盗賊は戦士・僧侶ほどではありませんが、あらゆる構成に対応できる職業です。しかし、丁寧な立ち回りが要求されます。ぼちぼち細かい部分を記事にしてみます。


↓のバナーから各ランキングサイトへ

ドラゴンクエストX ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

TOPへ