猫好きパパと家族とドラクエ10

一児の娘をもつ猫好きパパの家族とドラクエ10の記録

ギャルになる

学園に通いはじめた。「みんなのパパ」じゃなくて、メインの「ブチャラティ」。

学園のギャル

ピカピカのギャル





解錠せよ!



解錠せよ!!



解錠せよ!!!



解錠せよ……。




先生……“やってみたかっただけ”のポーズを何回するのさ。まだ3話目だけど、生徒みんなあきれてるよ。

それとチャラい感じのヤツが“合コン”とか言ってたけど、ちょっと寒いよ。





報酬を戦神のベルトに交換するとして、“学園に要する時間”<<“同数のベルトを得るまでの期間”である。プレイしないで評価はできない。せっかく遊べるならやってみる。

ということで、学園生活をはじめました。コメントを残すときに、この見た目に合わせようとちょっと考えます。これがエルおじの気持ち……?エルおじってピュアなの?心の声に従った結果なの?



様々な事情があって、フウキ対策室にいちいち戻る仕様になっているのだろうと思います。そのため“無意味な移動の手間が必要なスマホゲー”という印象です。短時間で終わるコンテンツをたびたび移動しながら、何度も繰り返して遊びます。

スマホゲーならワンボタンで何らかのコンテンツが遊べますが、そこに移動の手間が入るので余計に作業感が増しているのかもしれません。

最初のオープニングから、生理的に受け付けない人がいそうだなという感覚がありました。私も「ドラクエ」としてはふさわしくないと思います。

そうなるとやはり、“かの破壊神”の初出はやめて欲しかったです。



好感度の要素は除いて、キャラの育成は素直におもしろいと思います。心が折れるような何かがない限りは最後までやってみるつもりです。


↓各ランキングサイトへ

ドラゴンクエストX ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ

広告を非表示にする

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

TOPへ