読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きパパと家族とドラクエ10

一児の娘をもつ猫好きパパの家族とドラクエ10の記録

【DQ10検証】怒りと相撲ゲージの関係

【DQ10】検証シリーズ(不定期)

先日ある記事をアップしました。

dq10bucciap.hatenablog.com


この中で「怒り時に相撲ゲージはリセットされない」としました。今回はその検証について書きます。

検証方法とその結果を淡々と書きます。各ゲージについては上の記事ならびにその他の攻略系記事を読んで頂ければと思います。

たたみます。このマニアックさにキミはついてこれるか?w


↓各ランキングサイトへ

ドラゴンクエストX ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ


概要

「怒り時に相撲ゲージがリセットされない」と仮定し、それを証明します。いろいろ検討して、自分一人で証明する方法がありました。

  1. 相撲をして、相撲ゲージをためる。

  2. 押しながら何らかの方法で怒り状態にする。

  3. 直ちに敵に攻撃させる。

  4. 押しながら攻撃をうける。

  5. 相撲ゲージがリセットされないならば、追加攻撃が発生する。

これを「常に1回行動」のモンスター相手に行います。「常に2回行動」「常に3回行動」のモンスターでもいいですが、そんな強そうなモンスターをわざわざ相手にするのはナンセンス。「たまに2回行動」のモンスターだと追加攻撃なのか、2回目の行動なのか判別が難しいのでダメです。

具体的方法

自分パラで、サポ僧侶を連れていきます。サポ僧侶がタゲになったときに相撲をして、頃合いをみて攻撃して自分に怒りを向けます。

そうなるとパラディンの攻撃1、2回ほどで怒ってくれるモンスターがベストです。手持ちのルーラストーンの中からそんなモンスターが多そうな地域を選んでルーラでひとっとび。

偽コニウェア平原のオンボロ船

偽・コニウェア平原です。この船をドラクエ8みたいにゴニョゴニョして船の旅がはじまるとか妄想しつつ、ウロウロして手頃なモンスターを3体見つけました。

ごろつき
ホークマン
わかめ王子

ごろつき、ホークマン、わかめ王子です。三悪魔本で特性はしっかり確認しました。

ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン 公式ガイドブック 冒険 マップ モンスター編 (SE-MOOK)


3体とも常に1回行動です。押し合い反撃設定の技は以下の通り。

3体とも狼牙突き2発で怒ってくれました。戦闘開始後まもなく狼牙突きを一撃。僧侶がタゲのときに相撲をして、相撲ゲージが満タンでターンエンドゲージもそこそこたまっているときにもう一度狼牙突き。パラディンに怒りを向かせます。

注意点は押したまま2回めの狼牙突きをして、攻撃後もしっかり押すこと。2秒以上押さないでいると相撲ゲージはリセットされます。

相撲ゲージがリセットされないならば、怒って行動を再選択・実行し、さらに追加攻撃が実行されるはずです。追加攻撃には上記の押し合い反撃技を使ってきます。

結果

証拠の動画を用意できないのが悔やまれますが、3体とも追加攻撃をしました。つまり「怒り状態になったときに相撲ゲージはリセットされない」ということです。先の記事の「ターンエンドゲージのリセット」はこれで裏付けされました。

おわりに

今回の記事もそうですが、ドラクエ10の戦闘システムを理解するだけならば、ボスと戦うよりもフィールドのモンスターを相手にしたほうが理解しやすいケースが多いです。フィールドのモンスターから学ぶタゲ把握やモンスターの行動予測に関する記事ってのを書いてみようかなと思います。


↓各ランキングサイトへ

ドラゴンクエストX ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

(c)2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

TOPへ